見たり読んだり、なにか発見したり。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 予期せぬ展開で異様な盛り上がりを見せたライブは、合計なんと4時間! 
 普段体験できないカルチャーにも触れ、いろんな意味でお腹いっぱいの催しだった。
 
 複数の出演者が出るイベントの場合、つなぎが悪いとかファンのお目当てが分散するなどで
 中だるみしがちだが、今回は客が飽きないよう細部まで工夫されており
 笑顔のステキな発起人・矢野博康さん(1970年大分市生まれ)の企画力が光った。
 矢野さんが紋付袴で和太鼓をたたくオープニングから、意表をつかれることの連続で。
 
 事前に出演者をザッと見ただけの予備知識で会場に入ると、やけに男性が多い。
 「ハテ、この客層は?」と思ったが、ふかく追求はしなかった。
 このあとアイドルのお姉ちゃんたちに狂喜乱舞する男子たちに圧倒され、
 ついには、一緒になって手拍子足拍子で参戦することになろうとは…。

 出演者は実力派ぞろいで(堂島孝平、秦基博は生で聴くのは初めてだが)
 安心して見られたというか、各ステージともさすがの貫禄。
 今回、出演者どうしが一曲ずつ共演する趣向で、
 土岐さん&秦くん、土岐さん&アイドル、アイドル&堂島くんとそれぞれ味わいがあったが、
 馬の骨と秦くん目当ての客(私です)には、二人で演奏した「エイリアンズ」が
 激レアだった。秦くんはノドの調子が悪く、終始つらそうだったが、
 それさえものともせず、歌ってる側も聴いてる側も、
 宝物をそっと抱えるようにその時間を共有する感じで、なんともいえない至福の空間だった。
 まさに、音楽の魔法。

 帰り道、大震災後はじめて歩いた夜の渋谷は、想像以上に暗かった。
 日本を代表する不夜城が、地方都市の午前零時過ぎ的な佇まいになっていたとは。

 帰宅後、キリンジがNHKに出演した奇跡の「ザ・ソングライターズ」(前編)を見る。
 「嫌いな言葉は?」という佐野元春御大の質問に「アラフォー」(ヤス)、「女子会」(高樹)。
 いい年のおばさんが加齢に抗うポジティブ思考が、兄弟には悪あがきに映るのか(笑)
 40過ぎて「女子」を名のるふてぶてしさは、当事者的にもどうかと思うけどさ。
 
... 続きを読む
スポンサーサイト
2011.06.19 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。