見たり読んだり、なにか発見したり。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 台風18号の影響で朝から土砂降りだったが、東京は午後から晴れたので
 中止・延期の憂き目にあわずにすんだ第3回矢野フェス。
 開場16時のはずが、全員が入場したのが17時の開演間際まで手間取ったのが謎だが、
 恵比寿のおしゃれホールのスタッフの客捌きはこんなもんか、と思いつつ粛々と並ぶ。

 8月に新生KIRINJIを見て、次は堀込泰行というのは自然な流れで、
 ほとんど機械的にチケットを取ったきり
 期待値“そこそこ”くらいの感じで、当日まで放念していた。

 ところが、その無欲(?)が呼び込む福の神の計らいか、
 楽しかったのなんのって!

 8月の「ワールドハピネス」は18組×平均20分という編成だったが、
 こちらは、オープニングアクト+メインゲスト4組×30~40分(コラボあり+飛び入りの構成で
 すべてがもれなく聴きごたえあり、笑いあり。贅沢で潤沢な時間だった。
 2年前の同フェスも堪能したが、正直ちょっと長尺だったので(→こちら
 内容の良さもあって、今回のほうがずっと楽に感じた。

 とくに泰行さんと秦基博目当てのファンなら、2人が一緒に歌った「アイ」を
 深く深く胸に刻みつけたと思う。あのすごい音源を残してほしかった、とも。
 前回2人で歌った「エイリアンズ」にも感動したが、
 あのときは秦くんの声が本調子ではなかった。
 ともに高音の美しいボーカリスながら、声質は似ていない。で、その魅力的な声が
 化学反応を起こすとどうなるか、というのがコラボ最大の楽しみ。

 あまりに贅沢で、思わず息をするのも忘れる。(いや、マジで)
 ああ~幸せ! としみじみ噛みしめる。
 泰行さんが他人の曲を歌うと、歌い手としての声だけが立ち上ってくる。
 空気が凝縮して、声に貫かれるような。あの感覚をどう言ったらいいんだろう。
 ちょっと凄い体験だった気がします。

 余談ながら、帰宅後、その日の「堂本兄弟」のゲストが秦くんだと知り、
 ずいぶん久しぶりに番組を見てみた。
 前田敦子が秦くんのファンだそうで、2人で「アイ」を歌ったが、
 数時間前にヤスの声で聴いたアレは何だったの? というくらい違う印象だった……

 素晴らしく面白かった第3回を終え、矢野さんは「来年またやるかも」
 とポツリ。それはもう大歓迎。準備等大変だと思いますが、またぜひ来年も!
... 続きを読む
スポンサーサイト
2013.09.15 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。