見たり読んだり、なにか発見したり。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 昨年に引き続き、談春師匠の独演会。
 土曜開催と、比較的チケットがとりやすそうだったので足立区の会場を選んだが、
 ウチの最寄駅から西新井駅まで、一本で行けるのには驚いた。
 便利な世の中になりました。1時間強、座りっぱなしでお尻は痛かったが。

 演目は2部制で3話の予定だったらしいが、流れで1話ずつに。
 ちょうど落語協会の新会長に柳亭市馬師匠が内定というニュースがあって
 それにエールを贈るかたちで、
 「がんばれ市馬」という業界の裏話が演目に取って代わった。(笑)

 会長職はものすごく激務らしいので
 ご自愛ください、市馬師匠。

 最初の演目は「棒鱈」。棒鱈には、酔っぱらいとか野暮天の意味があるそう。
 飲み屋でクダを巻く熊さんと、それをなだめる寅さんの隣室で
 田舎侍が芸者相手に飲み始める。バッキバキの田舎言葉、あかぬけない振る舞い、
 あげくみょうちきりんな歌をがなり始め、
 酔っぱらいの熊さんがキレて、2人でトラブルになる。
 斬ってやる、斬ってみろと大騒ぎになるなか、止めに入った板前が持っていた胡椒を
 振り回したものだから、全員くしゃみをしてまたまた大混乱。
 気勢をそがれたところで、「故障(胡椒)が入りました」とサゲ。

 前回聴いたのも酔っぱらいの噺(らくだ)だったが、
 今回もへべれけになった男が主人公。難しいことの何もないシンプルさ、
 面白くてケラケラ笑った。でも、談春さん自身はほとんど飲まないらしい。

 次が「お若伊之助」。三遊亭円朝作といわれ、別名「因果塚の由来」とも。
 大店「栄屋」の娘・お若さんが色男の芸人伊之助と恋仲になるが、
 所詮は身分違い、本人の知らぬ間に別れさせられてしまう。
 それというのも、伊之助を栄屋に紹介した頭の勝五郎が女将に頼まれ
 伊之助に手切れ金を渡し、今後一切お若さんと関わるなと言い含めていたから。

 
... 続きを読む
スポンサーサイト
2014.04.20 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。