見たり読んだり、なにか発見したり。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 ニューアルバムを引っ提げての全国ツアーの初日。
 練習不足の曲があったり、何かとバタバタしたりといったことはあったけれど、
 内容に関しては文句もないし、いい選曲でした。気合も十分、たっぷり2時間半。

 ただ会場がね~、狭すぎる。前列の人は臨場感を味わえるだろうけど、
 中途半端な位置に陣取るしかない背の低い人は、メンバーの顔も見えない。
 そして息苦しい。下手に体も動かせない。
 私の位置からは弓木ちゃんとコトリンゴさん、千ヶ崎さんだけが見えました。
 立ちっぱなしなだけで体力を使う中年には、狭いハコで受けられる恩恵はほぼ皆無。

 私はアルバム「BOUYANCY」「Ten」がものすごく好きで、 
 その中の曲を演奏してくれただけで、満足度がぐわっと上がった。
 オリジナルの音源を思いうかべたとき、
 正直、ここに泰行さんがいればなあと思わなかったといえば嘘になるけれど、
 それはもう仕方ない。考えるまい。慣れよう、いい加減。(自己暗示)

 弓木ちゃんがしょっぱなからニコニコしてて、
 その笑顔と鈴を転がすような声が、やさぐれた中年女の心を癒やしてくれました。
 お姿はほんの瞬間しか見られませんでしたが、楠さんのドラム&ボーカルも素敵だった。
 今回、矢野博康さんがサポートメンバーとして帯同。
 先日の矢野フェスで、「矢野水」を買わなかったことをちょっと後悔しています。

 全国を回って11月の東京公演は、さらにこなれたステージになるはずなので
 それもまた楽しみ。
  
 
スポンサーサイト
2014.09.24 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。