見たり読んだり、なにか発見したり。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 気がつけば、9月。
 まるで何も活動していなかったかのように更新が滞ってしまった。
 振り返れば、初夏からバタバタだったわけだが。

 6月半ばにオカメインコのガラ(♀)の病気が発覚し、
 病院通いと看病(の合間に仕事)に明け暮れること1か月。
 7月13日の夜、大好きな枝豆をあげると苦しそうな様子ながら数口食べ、
 ああ今日も乗り切ったか、と思いながら「また明日ね」と声をかけて寝かせた30分後、
 布をめくって様子を見たら、すでに死んでいた。音もたてずひっそりと。
 享年7は、オカメの平均的寿命のほぼ半分くらいかもしれない。
  
 最後はほんとうに呼吸が苦しそうだったし、
 今夏は猛暑だったから、結果的に闘病が長引くほどつらかっただろう。
 名医といわれる先生に診てもらえたし(初回に相当厳しい状態だといわれた)、
 最後まで一緒にいられたし、埋葬もペット霊園にお願いしたので、
 この1か月、ある種の「やりきった感」があった。飼い主としてはそれがありがたい。

 死別のペットロスだけでなく、生き別れのつらさというのがある。
 鳥飼いにはよくある話だが、不注意で逃がしてしまうケース。
 生死を知る手段もなく、悲しみに押しつぶされそうな喪失感と、
 彼らに恐怖や不安を与えてしまったという罪悪感は一生消えないと思う。
 最後を見届けられずにペットと別れる悲しさを思うと、
 震災の時は多くの飼い主さんが同じ境遇にあったはずで、ほんとうに胸が痛む。

 おとなしくて美人で、ふっかふかの手触りと好ましい匂い。
 ガラはオカメインコの鑑のような鳥だった。
 だから、また同じ種類を飼おうと決めている。

 DSCN0206.jpg

 若かりし頃のガラ。それなりにやんちゃでした。
スポンサーサイト
2012.09.07 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kaukau1192.blog115.fc2.com/tb.php/105-e4711fe8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。