見たり読んだり、なにか発見したり。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 51h+3oS6GpL__SL135_.jpg
 石原理と並んで、私が愛してやまない漫画家が今市子。
 奇しくも文庫「百鬼夜行抄」の最新刊が出て、また1巻から読み返す「妖怪ループ」に
 はまり込んでいたところへ、この足かけ7年のBLの完結編が出たので、
 こっちも1巻から読み返さなきゃならなくて、もう本当に忙しい。(笑)
 
 今さんの作品といえば、一貫して「家族」を描いていて
 必ず系図がつくほど登場人物が多く、関係が複雑に絡み合うのがお約束。
 あっちこっちに転がる展開、いろんなハプニングに右往左往する主人公、
 家族間に秘められたあっと驚くような事実―――などがありつつ、
 最後はすべてを回収して、見事に着地する。
 
 で、「僕のやさしいお兄さん」ですが、ラストへの流れが素晴らしい。
 ものすごく可笑しくて笑っちゃうのに、じわじわと感動が押しよせてきて
 読み終えたときは、思わずぼーっと惚けてしまった。
 彰人、久松、井坂たちの過去から未来を追っかけるのも楽しかったが、
 これって、2つの家族の世代を超えた愛の物語でもあるんだよね。
 特に大じいちゃんとじいちゃんが好きなので、終盤はちょっと涙腺をやられました。

 テーマは最初から「義兄弟の禁断ラブ」で、
 智の15歳という年齢が壁になり続ける。当然、鉄平との関係は遅々として進まない。
 でも読者は、何だかんだ言ってうまくいかないという結末はナシだろうと思うわけだ。
 そこで今さんがとったのは、実父の借金による鉄平の出奔という
 思いがけない急展開。鉄平に気持ちを残しながらも、
 大好きな(初恋の)大じいちゃんの末期ガンという試練に立ち向かうなかで
 智は年齢を重ね(→18歳)、人間としても成長していく。

 どうです、これで最後に残ったLoveのお膳立てが整うわけです。
 そして、智と鉄平はついに再会し……
 
 まさに「物語」を読む喜びに、脳のヒダヒダまで浸りきるような快楽。
 智が自分の成長をつねに身長に照らし合わせて考えるクセも、
 ラスト数ページの布石になってて巧い。
 それで、結局のところ、智の髪は鉄平が切ったのかしら。
 
 
スポンサーサイト
2012.11.09 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kaukau1192.blog115.fc2.com/tb.php/111-d6e2ca11
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。