見たり読んだり、なにか発見したり。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 “hush”は「沈黙」ということで、今回はサイレントナイト。
 2ヵ月前に見ているので久しぶり感は皆無ですが、
 前回よりもしっとりと、クリスマス仕様になっていました。

 いつもより後方の席で、実は美奈子さんがよく見えない。
 (最近、そんなのばっかりだな)
 だが姿は見えども、聴こえてくる声は絶・絶好調。
 またも、ハコ(会場)がびりびり共鳴している!
 ただ、耳だけでしか追えないと、確かに聴覚は研ぎ澄まされるが
 演者の気配がわからないとイマイチ乗り切れないというか、
 ライブの醍醐味はメンバーの表情を含めて楽しむことだとよくわかった。

 バンドもすっかり馴染んで、しかもみんな巧い人ばかりだから
 安定感はいや増すばかり。還暦の美奈子さんも歌声は衰えを知らない。
 人生の先輩が、泥臭くカッコよく頑張る姿は励みになりますよ。
 当分新しいCDを出す予定はないらしいが、
 もうそれでいいです。ライブに足を運べばいいのだから。

 この夜は冨田恵一ご夫妻が来場していて、彼が作曲した「千年紀の朝」を
 当人の前で演奏する。この曲を初めてSTBで演奏した時に私もいて、
 こんなに難しい楽曲なのに昔からのレパートリーのように
 違和感なく、しかも完成度がものすごく高くて度胆をぬかれたものだった。
 以後何度も演っているので、冨田さんも納得のパフォーマンスだったのでは。

 全体ではやはり、アンコールの「CHRISTMAS TREE」が圧巻だった。
 神様を信じている人にもいない人にも、神々しくふりそそぐ声。

 そして帰り際、人待ち(?)している冨田恵一さんに遭遇し、
 慌てふためきつつご挨拶する。
 「新しいアルバム、聴きました。よかったです!」とか言いたかったのに
 ああ、まだ買っていないのだった。痛恨の極み。
スポンサーサイト
2013.12.11 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kaukau1192.blog115.fc2.com/tb.php/140-ef2977c9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。