見たり読んだり、なにか発見したり。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 学校帰りの女子大生と女子高生の列をかいくぐりつつ、
 二十数年ぶりに人見記念講堂にたどり着く。ここって、敷地内に横断歩道があるんだ。
 KIRINJIのツアー最終日は満員御礼、よかったよかった。
 地方の入りがどうだったのか、気になるところですね。

 初日に比べてずいぶん洗練されていたし、ライティングも豪勢で
 ミラーボールもクルクルと。お祭り感がすごくあって、踊りたい人はもちろん、
 椅子席なので静かに聴きたいという人も、ゆったり楽しめたのではないかしら。

 今回あらためて、 「KIRINJIって、ほんとうに演奏が上手いな~」と再認識。
 もともと腕っこきのミュージシャンの集まりだし、当たり前なのかもしれないが、
 正直にいえば、泰行さんがいた頃は彼の声に意識が集中していたので、
 あまりバンドの演奏に注意を払っていなかった気がする。(おいおい)
 実はものすごく高度なことを、メンバー一人一人が易々とこなしていて、
 その融合体のようなエネルギーが客席に迫ってくる面白さ。
 細かなアレコレでなく、パフォーマンス全体を楽しめるようになってきたのは、
 聴き手としての自分もちょっとは成長しているのかな、とも思う。
 
 新生KIRINJIのステージはこれで4回観ているが、
 彼らの魅力がだんだんわかってきて、
 今回のツアーは、その底力がじわじわと沁み渡ってくるような内容でした。
 M1 だれかさんとだれかさんが 
 M2 夏の光
 M3 きもだめし
 M4 温泉街のエトランジェ
 M5  fugitive
 M6 手影絵
 M7 虹を創ろう
 M8 バターのように
 M9 狐の嫁入り
 M10 それもきっとしあわせ
 M11 進水式
 M12 黄金の舟
 M13 雲呑ガール
 M14 都市鉱山
 M15 ONNA DARAKE!
 M16 シーサイド・・シークェンス~人食いマーメイドとの死闘篇
 M17 嫉妬
 M18 ジャメヴデジャヴ
 M19 ナイーヴな人々
 M20 もしもの時は
 EN1 台風一過
 EN2 Ripples
 EN3 クリスマスソングを何か
 EN4 TREKKING SONG
 EN5 絶交
 EN6 心晴れ晴れ
スポンサーサイト
2014.11.23 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kaukau1192.blog115.fc2.com/tb.php/164-dea11943
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。