見たり読んだり、なにか発見したり。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 戦後70年にふさわしい内容の舞台。
 若い人たちを中心に、まさに熱演だった。

 戦争なんて二度とするべきではないし、もしそんな局面になったら
 どんなことをしても阻止する使命があるだろう。
 とりわけ加害者としても被害者としても、どっぷり当事者だった日本人は。

 ただ、それとは別に、70年前の若者の頭の中がほとんど平成のそれにみえることに
 違和感が……。
 登場人物のほとんどが、「愛する人のため戦争には行きたくない」と主張し、
 残される女たちは「国のためって何なのよ」と泣き叫ぶ。

 それが普通に言える世の中だったら、
 歴史は変わっていたんじゃないかと思ってしまった。
 そう思うことに罪悪感もあったりして、いろいろ複雑な気持ちになる芝居だった。
スポンサーサイト
2015.08.16 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kaukau1192.blog115.fc2.com/tb.php/175-d397454b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。