見たり読んだり、なにか発見したり。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 「ワンピース歌舞伎」に続き、“魔法のような”舞台演出で知られるカナダ出身の
 ロベール・ルパージュ作品を観てきた。
 正直、中2日で舞台鑑賞はもったいないと思ったけれども、
 今年は夏休みがなかったので、その代わりとばかりに芝居やライブに散財している。

 舞台中央に大きな直方体(箱)があり、そこがステージになっている。
 箱は360度回転するので、役者は斜めになったり、身体が支えられないほど傾けば
 ベットが出てきて寝ている設定に変わったり。箱は映像を映すスクリーンでもあるので
 映像と箱の向きの変化で、それこそくるくると鮮やかに場面が変わる。

 ワイヤーで吊られた役者の背後に星空が広がれば、広大な宇宙空間。、
 箱に付いている開閉自在の扉は、ある時はホテルの部屋のドア、
 ある時はレコーディングスタジオの入り口に。
 魔法のような舞台演出という意味が、よーくわかった。堪能した。

 登場人物は2人のみ。マイルス・デイヴィス役のWellesley Robertson Ⅲは
 台詞がなく、肉体そのものが雄弁だった。外国人の身体はやはり迫力が違う。
 そして、主人公・俳優ロベールを演じたMarc Labrèche。この人、すごく上手い。
 2人が絡むシーンはほとんどなく、ストーリー進行に関してはほぼひとり芝居だが、
 台詞回しによどみはなく、めまぐるしい場面転換も難なくこなす。
 何度も再演されている作品らしいので、舞台としての完成度はもちろん、
 役者のパフォーマンスも練り上げられてきたのだろう。

 とても面白かった。舞台人が観たらすごく刺激を受けそうな演出だと思う。
 歌舞伎の技術とはちがうベクトルながら、「こんなこともできるんだ!」という驚きを
 観客に与える点で、両者は共通しているかもしれない。
スポンサーサイト
2015.10.13 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kaukau1192.blog115.fc2.com/tb.php/180-5aa188e4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。