見たり読んだり、なにか発見したり。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 凡人の日常生活にひそむ悲喜こもごもをシュールかつ変態的に描き出す、鬼才西炯子の隙間ほじくり4コママンガの第3弾。
 目のつけどころに共感するというか、「あるある」「そうそう」と笑ってしまう話ばかりで、たいへんに癒やされます。こんな私は西さんと感性が近いのかもしれず、

 つまり、オタクってことか。

 あとがきなどに、面倒な人間関係を避けたがる最近の風潮に対する“怒り”が垣間見えるのは、創作者として言うべきことをきっちり言おうという責任感か。私も立派な中年になったので、間違いなく何かがおかしくなっている世の中で、いつまでも傍観者ではいられないという焦りを自覚するようになりました。
 ちなみに西さんは私と同い年。

 西マンガといえば、最近は35歳のデキるOLと52歳のカレセン大学教授の恋愛もの「娚(おとこ)の一生」が評判ですが、私が好きなのは、「ひらひらひゅ~ん」(新書館)。高校の弓道部を舞台にした群像劇で、恋や進路に悩むコンプレックスだらけの弓道部員を見つめる作者のまなざしが優しい。
 コンプレックスだらけの青春を肯定できるようになって、年をとるのも悪くないなと思う今日この頃。

 
スポンサーサイト
2009.08.11 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kaukau1192.blog115.fc2.com/tb.php/34-cdf220ef
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。