見たり読んだり、なにか発見したり。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 「魚住くんシリーズ」を読んでいたら、「世界の料理ショー」というフレーズが出てきて、猛烈に懐かしかった。あのテレビシリーズを見ていたのは、小学生の頃だっただろうか。榎田さんは私と同世代なのか。もしかして、海外ドラマの嚆矢は「わんぱくフリッパー」?
 それはともかく、ものすごく久しぶりに思い出してネットで調べてみると、なんと今年の3月にDVD-BOX化されたばかりだという。全52話をコンプリート、4万1790円也(アマゾンで22%OFFの3万2568円)。
 いま思えば、あの番組に子どもの自分が見ていたものは、まごうかたなき異文化の匂いだったのだ。知らない国の人が、全然ちがう世界で生活をしているんだという感触を“食”という文化をとおして知る経験。

 ・料理をパフォーマンスとして見せる新鮮さ
 ・軽いノリのおっさん(グラハム・カー)がえらく料理がうまいというギャップ
 ・ワインを飲みながら料理をする背徳感
 ・最後に客席の素人を試食にひっぱり出す演出のドキドキ感

なんてものに、ガキの自分は引き込まれてました。ああー、欲しいなこれ。「カリキュラマシーン」DVDをまっさきに買った、「過去に生きる」人間の性だろうか。
 52話全部とはいわないファンのために、頒布しませんか?
スポンサーサイト
2009.09.23 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kaukau1192.blog115.fc2.com/tb.php/39-2519d67e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。