見たり読んだり、なにか発見したり。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 3月11日から1ヵ月半。
 「ヒアアフター」を見た翌日にあの地震が起き、帰宅困難者の一群として夜中にようやく
 たどり着いた自宅で見たテレビ映像に、言葉を失った。
 映画の津波のシーンはCGだ。でも、テレビに映るこれが現実だとどうしても信じられなかった。

 続く原発事故と計画停電、買いだめとモノ不足。
 不安をあげたらキリがなかったが、この先の見えない不安が震災の恐ろしさだと思い知った。
 命を守ること、備えること、連絡法を決めておくこと、エゴに走らない・デマに惑わされないこと。
 復興支援については、長いスパンで考える。
 (個人的には震災孤児のサポートと、飼えなくなったペットの救済のため募金を続けたい)
 これだけ大きな犠牲を前にして、被災地の外で無事に暮らす自分はせめて学ばないと。

 今年は全国的に花見がらみの祭りが自粛されたが、
 こんな時だからこそ、個人的に花見を楽しんだ人は多かったんじゃないかと想像する。
 明けない夜はない。
 やまない雨はない。
 冬が去れば春は必ずやってくる。

 春(=希望)の象徴としての花々。
 私は恥ずかしいほど花の名前を知らないので、今年は近所に咲く花を調べてみた。

 ヤマブキ レンギョウ シモツケ
 左からヤマブキ、レンギョウ、シモツケ
 サクラ
 そして散りかけのソメイヨシノ

 
スポンサーサイト
2011.04.21 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kaukau1192.blog115.fc2.com/tb.php/76-05d93284
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。