見たり読んだり、なにか発見したり。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 10年近く、わりと一生懸命ホリゴメさんとこのライブに通い続けていますが、
 ビルボードライブ東京だけは、チケットが取れたためしがありません。
 そのためだけにBBL会員になったのに、脱会しようと思いながら、毎年手続きを忘れ
 自動更新されて年会費だけ払い続けているという。

 まあ、そんな与太話はいいんです。
 とにかく、宝くじのような確率でしか見られないサロン的ライブはもういいから、
 もっと大きな会場でやってくれ~という切なる声が届いたのか、
 カバーアルバム発売のタイミングに合わせ、キリンジが渋谷AXに戻ってきました。

 長年、彼らのライブを見ていて経験的にわかったことだが、
 ニューアルバム発売後のツアーは新曲のお披露目が中心になるため、
 そのアルバムの十数曲以外に聴ける曲は、全体の半分足らず。
 ファンというのは勝手なもので、新曲もいいが古い曲やレアな曲も聴きたいので
 こういう構成には悩ましいところもある。

 逆にアルバム発売と連動しないツアーは、選曲の自由度が高く、
 何が出てくるかわからないところが楽しい。

 今回のライブはちょうどその中間というか、個人的に絶妙なバランスだった。
 見られなかった人が多いと思われる、ビルボードのパフォーマンス(=今回の新曲群)を
 取り混ぜつつ、ふだん取り上げない、渋いところを突いたナンバーをそろえてきた。

 AX2日目ということもあってか、お客さんもよく入ってました。
 とくに前扉からは開演と同時に人がなだれ込んできて、
 あっという間に、混雑時の田園都市線のような様相に。
 キリンジのファンは間違ってもマサイ族のように跳んだりしないので
 混んでいても気分はゆったり聴けるわけですが。
 
 体力温存のため狙った2階指定席(ファンクラブ会員限定)は抽選で外れてしまったが、
 始まってしまえば、選曲の妙と深みを増した泰行さんの声と(超がつくほど絶好調だった)
 タイトでハイレベルな演奏に、心も体もスーッと持っていかれるようだった。
 歌と演奏が一音一音粒立って、音のシャワーを浴びているような。
 これだけは体験しないとわからない、ほんとうに幸せな2時間余りでした。
  
 この日は、MCでも腹がよじれた。
 高樹さんが毒を吐くとついニヤニヤしてしまうが(ツアーグッズが前回と似ているが、
 ボンヤリした人ならまた買ってくれるんじゃない?とか)、泰行さんの話は
 あまりに思いがけないところからボールが飛んでくるので
 時々、ひっくり返りそうになることがある。

 泰行さんが前日見た夢の話で、キリンジが紅白に出ることになった。
 でも、曲は自分たちのでなく他の人のから選ばなければならない条件だという。
 何にするか、うーん。そうだ!「ダルダラ」にしよう。

 紅白ね、ま、そんな話は来ないと思いますが、とさらりと締める泰行さん。
 突っ込むところはそこじゃなくて、ダルダラってなに!?って話ですよ。 
 動物と子どもと泰行さんには勝てません。


 セットリスト覚書ですが、メモを取ってないので抜けがあるかもしれません。
 順番はけっこう適当なので、あしからず。

 スイートソウル
 鋼鉄の馬

 温泉街のエトランジェ
 牡牛座ラプソディ
 クレイジー・サマー

 ハルニレ
 わたしの青い空
 お針子の唄
 それもきっとしあわせ
 
 風を撃て
 地を這う者に翼はいらぬ
 柳のように揺れるネクタイの

 悪い習慣
 僕の心のありったけ
 太陽とヴィーナス
 Lullaby
 Golden harvest 
 ジョナサン
 絶交
 夏の光

 (アンコール)
 鼻紙
 くよくよするなよ
 あたらしい友だち
 
 田村玄一(PedalSteelほか)・千ヶ崎学(Ba)・楠均(Ds)・伊藤隆博(Key)

スポンサーサイト
2011.10.21 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kaukau1192.blog115.fc2.com/tb.php/89-78539ee2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。