見たり読んだり、なにか発見したり。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 2012年もスタートを切った。元日早々、エレベーターの中で震度4の地震に遭遇し
 肝を冷やしたが、これも神様からの「慢心に活を入れる」ための戒めとしよう。

 人生も折り返し地点、というか自分的にはすでに3分の2くらい過ぎた気でいるので
 そろそろ人様のお役に立てる人間にならないと、と痛切に思います。
 去年のようなことがあればなおさら、その気持ちが募る。

 同級生が起業したり、昔仕事でお世話になった方が定年を前に新天地へ羽ばたいたり
 今年の年賀状の報告にも、さまざまな刺激を受けました。

 私もささやかながら自分という根を張って、“学び”と“愛想”と“挑戦”の年にしたい。
 とりあえず、BL以外の本をもう少し読まないとね。

 2011年・面白かった本(基本各10冊)
 【一般書編】
  ・佐々木忠次「闘うバレエ」※竹を割ったような小気味よい文章。行動力と人脈の広さは、
    日本人離れしている。亡きジョルジュ・ドンとのエピソードにはぐっと来た
  ・勝目梓「小説家」※私小説の力を思い知らされた
  ・多田富雄「寡黙なる巨人」※震災後にものすごく勇気づけられた一冊。壮絶で強靭
  ・内田百「阿呆の鳥飼」※半世紀前の日本の鳥飼い(わがままな)の実態。面白すぎ
  ・NHK・東海村臨界事故取材班「朽ちていった命」※安全軽視の怖さについて
    心底考えさせられた。人間は間違いを犯すが、困難に立ち向かう力も備えている
  ・春日真人「100年の難問はなぜ解けたのか」※ペルリマン入門編として
  ・須川邦彦「無人島に生きる十六人」※小学生でも読める易しい文体に
    知恵と勇気と、かつての日本人の美徳が詰まっている
  ・A・M・ペパーバーグ「アレックスと私」※ペット回顧録にあらず。
    博士とアレックスがともに戦う同志だったことがよくわかる
  ・三浦しをん「神去なあなあ日常」※新刊なら別のがあるが、単行本は買わない(汗)。
    丹念な取材をヒューマンな青春物語に昇華するのがほんとうに巧いと思う

 【一般コミック】
  ・今市子「百鬼夜行抄12(文庫)」※話が複雑で、何回も読まないと頭に入らないが、
    相変わらずクオリティが高い。青嵐の立ち位置が絶妙
  ・くらもちふさこ「駅から5分」※各エピソードの絡ませ方、時系列の処理が職人芸の域
  ・ヤマザキマリ「テルマエ・ロマエ」※いつも一生懸命なルシウスがどんどん好きになる
  ・吉田秋生「海街Diary」※読むと気持ちが優しくなる。幸姉と佳乃にも新しい恋の気配か
  ・杉本亜未「ファンタジウム」※弱者の立場に立っていても、決してお涙頂戴にしない
    姿勢がいい。昭和の香りがするのも好き
  ・杉本亜未「ANIMAL X」※斬新なテーマに、続きが気になって気になって大人買いした
  ・荒川弘「銀の匙」※農業で儲かるなら、若い働き手も増えると思うのだが、
    実情はちがう。何をどう変えていけるのか、主人公八軒君とともに考えたいところ
  ・よしながふみ「きのう何食べた?」※一年に一度の新刊を心待ちにしている。
    二人の日常のあれこれもさることながら、シロさんが担当する裁判員裁判に興味がある
  ・羽海野チカ「3月のライオン」※ひなちゃんがイジメと格闘する話が続き、読む側もつらい。
    が、ここを越えればきっと新展開があるだろうと

  以下はBL編。 
 【コミック編】
  ・草間さかえ「真昼の恋」※去年は草間さんの新刊ラッシュだった。どれも好きだが、
    いちばん何度も読んだのはコレ。陽だまりを抱きしめるように幸せな気持ちになれる
  ・黒娜さかき「青春♂ソバット」※全4巻完結。青年誌掲載作だからか、LOVEより友情の
    比重が高いのが新鮮だった。35歳の二人が、いい感じの男に育ってます
  ・岡田屋鉄蔵「テルペノイド」※2011年の私的・作家オブ・ジイヤー。全作品買い集めたが、
    何を読んでも面白い(非BLも)。この作品では、変態女装モノで腹を抱えて笑いました
  ・日高ショーコ「憂鬱な朝3」&「花は咲くか3」※3巻から俄然面白くなるのは、
    日高さんの特徴なのか? 前者には胸を塞がれ、後者には胸を突かれた
  ・本仁戻「探偵青猫」※全6巻完結。独特な世界観とシリアスとギャグの振れ幅の広さ。
    数年を要したという完結編は、ある種異質。もう一回読まねばという気にさせられる
  ・館野とお子「運がいいとか悪いとか」※個人的に結末に納得ゆかず、ジタバタしてしまった。
    そうやってじりじりさせられること自体、館野さんの術中にはまっているわけだが
  ・志水ゆき「是11」※比較的楽しいノリで来て、最後の最後に和記の喪失感と絶望の深さが
    胸にしみた。シリーズそのものは大団円だと思うが、切ない余韻で記憶にのこる
  ・藤たまき「遊覧船」※お金でしか愛情を表せない男と、そんな恋人を変えようと
    奮闘する青年。男は歪んだ性格のままなのに、最後に少しだけ成長するのがとてもいい
  ・山田ユギ「一生続けられない仕事2」※作者療養中につき話はあまり進んでいないが、
    今後に期待が持てる展開。専門職(弁護士)の色男たちを見ているだけで楽しい
  ・井上佐藤「SMOKER」※表題作は、内容より同じ社内で何組も♂カップルがいる設定がキツイ。
    併録の死んだ猫の話のほうが好きで、ラストで少し泣きました

 【小説編】
  ・英田サキ「ダブルバインド」&「今宵、天使と杯を」※前者は4巻完結、後者は新装版。
    内容はもちろん、英田さんの語り口の面白さにはじめて目覚めた2作
  ・剛しいら「座布団」「花扇」※新装版だが、噂にたがわぬ面白さに脱帽。比較するのも何だが、
    雲田はるこさんのヒット作も、非BLという点に関係なくこれを読んだ後では少々物足りなかった
  ・榎田尤利「交渉人は愛される」※榎田さんキャリアの中で、デビュー作に匹敵する人気らしい。
    この人がいる限りBL読みはやめないと思う。剛さんと並び、積読本が増殖中
  ・凪良ゆう「真夜中クロニクル」※迷い多き若者の気持ちに寄り添い、BLである以上に
    青春物語の傑作として楽しんだ。凪良作品は、基本善人で血の通った脇役も魅力的
  ・月村奎「ブレッド・ウィナー」※新装版。巧い巧いといわれる作家だが、読むのは2冊目。
    天邪鬼で素直じゃない受が、子供の父として自覚を持つあたりからぐいぐい引き込まれた
  ・いつき朔夜「八月の略奪者」※新刊は別に2冊あるが、ものすごく面白かったのは旧作。
    色気よりシチュエーションの妙、小説としてのクオリティの高さを楽しむ
  ・花郎藤子「黒羽と鵙目9」※あまりに長く続きすぎ、毎回どんな話だったか忘れてしまうが
    石原画伯のイラストと合わせ、一生ついていく小説殿堂入り。私は黒羽ファンです
  ・高遠琉加「楽園建造計画」※新刊は必ず買う作家だが、昨年は多少好みとズレていた。「楽園」の
    「さよならを教えたい」はある種BLを超える重さで、これが書けるのが高遠さんの凄さだと思う
  ・小林典雅「たとえばこんな恋のはじまり」※マンネリの壁にぶつかるリスクは多分ご本人も承知、
    どこまでも典雅節を貫き続けてほしい。烏城あきらとか、笑えるBLは希少ですから
スポンサーサイト
2012.01.02 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kaukau1192.blog115.fc2.com/tb.php/95-69e10651
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。